Di-KA HAIR

BLOG SENDAI

シンボル☆

Categories:STAFF RECOMMEND

 震災復興のトップランナーとも評される宮城県女川町。

 

町の再生の第一歩、JR 女川駅舎がオープン!!!

 

建築家 坂 茂さんによる設計だそうです。

 

 

 

地上3階建てで、2階に温泉施設と休憩所もあるそうです^^

温泉がこちら↓

女川温泉ゆぽっぽ

http://onagawa-yupoppo.com

駅に温泉。。そしてこのデザイン。

 

なんとも贅沢な気分になれそうです☆

 

電車でのんびり一人旅、もいいですね♪

 

ぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか^^

 

Natsuki

シャンテル・マーティン☆

Categories:STAFF RECOMMEND

シャンテル・マーティンというアーティストの作品に目が釘付けになりました:)

 

シャンテルはロンドン出身。一筆書きのアートを描くアーティスト。

ロンドン芸術大学セントラル・セント・マーティンズを卒業後、クラブの映像アーティストとして人気を博す。ロンドンや東京を経て居を構えたのがNY。

住み始めたころ、部屋のドアに貼り付けたのが「WHO ARE YOU」と書いた紙切れだ。

 

「自分は今、自分らしくあるだろうか? とこれを見て自問しては外出したものです」。

 

 

「ARE YOU YOU」「YOU ARE YOU」のバリエーションも加わり、

個人的なアイデンティティーの模索が、

普遍的なメッセージ性を備えた言葉遊びへと進化する。

 

「私にとって、言葉を発するのと線を描くのは同一の行為」と言う彼女。

詩を紡ぐように描く絵が、世界のクリエイターを惹きつける。

 

TVのトーク番組に出演したり、

人気トレンディードラマ『ゴシップガール』に本人役で登場するほどの

文化アイコンでもある。

最近はMITメディアラボで、

教授や研究者を相手にしたドローイングのワークショップも。

 

 

「わずかなミスもタブーな科学者に、

大いに間違っていいのよと教えるのは、お互いに新鮮」

と顔をほころばす。

 

「自分は今、自分らしくあるだろうか?』

自問自答しながら表現し続ける彼女のこれからの作品も、とても楽しみです☆

 

Natsuki

mother’s day☆

Categories:STAFF RECOMMEND

 

Carnation カーネーション

カーネーションの歴史は古く、古代ギリシアの時代から香料として栽培されていました。ヨーロッパではキリストが処刑されたときに聖母マリアが流した涙のあとから生えた花だという伝承があります。

カーネーション全般の花言葉は、

「無垢で深い愛」

「fascination(魅惑、魅力)」「love(愛情)」「distinction(卓越、名声)」

母の日にカーネーションを贈る習慣は、1907年、アメリカのアンナ・ジャービスが母の命日に、母が好きだった白いカーネーションを教会で配ったことがはじまりとされ、1914年にウィルソン米国大統領が5月の第2日曜日を母に感謝する日として記念日にしました。日本でも1949年頃からアメリカにならって祝うようになりました。

以下は花の色によるカーネーションの花言葉です。

赤いカーネーションの花言葉

赤いカーネーション(Red Carnation)

「母への愛」

(母の日が普及する以前の花言葉は「哀れな心」)

※西洋での花言葉・英語 Language of flowers

「My heart aches for you(あなたに会いたくてたまらない)」

「deep love(深い愛)」

「admiration(敬愛、感嘆)」

 

 

ピンクのカーネーションの花言葉

pink-carnation
photo: Dave Crosby

ピンクのカーネーション(Pink Carnation)

「女性の愛」「熱愛」「美しいしぐさ」

※西洋での花言葉・英語 Language of flowers

「I’ll never forget you(あなたを決して忘れません)」

「a woman’s love(女性の愛)」

「a mother’s love(母の愛)」

 

意味を知ると、いっそう気持ちが込もるような気がします。

今年はどんな贈り物にされますか?

カーネーションとともに日頃の感謝の気持ちを贈りたいですね☆

natsuki